クレジットカードの審査。気をつけたい3つのこと。

現在では、多くの人が持っているクレジットカード。その種類も加入者の数もどんどん増え続けています。加入者が増えているということは、それだけ審査も通りやすくなっていると言えるのですが、その一方で審査に落ちる人もいます。では、どうして審査に落ちるのでしょうか?ここでは、その考えられる理由を3つ挙げていきましょう。
そのまえにクレジットカードに関してこちらのサイトなどで事前知識をつけておくとスムーズです。
https://credit-oh.net/

1つは収入が審査基準を満たしていないことが挙げられます。クレジットカードの審査で重要なのは年収で、安定性があり、高年収で勤続年数が長い職業ほど有利。ただ、クレジットカード会社にはそれぞれ審査基準となる年収の目安があります。例えば、全国で会員数3000万人と言われているイオンカード。このカードの審査基準となる年収の目安は200万円と言われています。だから、審査に通るためには、この年収の目安を超えてなければなりません。

2つ目は過去に審査に落ちた経歴があることが挙げられます。クレジットカード会社は、個人信用情報センターという機関によって、利用データや照会の経歴が共有されています。だから、1度審査に落ちて、次に他社に申込みを行っている経歴は、収入が安定していない感じを思わせるので、審査に落ちる可能性が高いようです。

また、短期間に複数のカードに申込みを行った場合も同じです。カード会社で共有されている情報は、他社で作ったカードや審査履歴も確認できるので、申込みが頻繁に行われている状態も良い印象は与えません。

3つ目は過去の滞納履歴が挙げられます。クレジットカードは3ヶ月滞納すると、その履歴が個人信用情報センターに保存されると言われています。その履歴もカード会社で共有されるので、これも審査が落ちる要因となってしまいます。ちなみに、この滞納情報。5年間は保存されると言われているので、滞納には充分に気をつけましょう。

また、他社から借入れがある場合も審査が通らない可能性が高いです。審査に影響する指標は年収の50%が返済限度額と言われているので、これも目安として覚えておきましょう。

クレジットカードを利用するメリットについて

クレジットカードは、大人の方であれば最低一枚は持っているのではないでしょうか。たまにクレジット払いは好きではないという方を目にすることがありますが、一枚持っているとかなり得をするアイテムですので、まだお持ちでない方はこの機会に考えてみてはいかがでしょうか。

クレジットカードに苦手意識を持っている方は、現金払いでないと不安であるとか、借金をするようで嫌、という理由が多いようです。使用した金額を把握しきれないのが好きではないということもあるでしょう。ですが、クレジットカードは、選び方、使用方法によっては、年間にして数万円分得することも可能です。使用しすぎるのが心配という方は、限度額を設けることで使い過ぎを防ぐことができます。

クレジットカードでおすすめのタイプは、年会費無料のカードです。これは多くのカード会社から発行されていますので、自分がよく利用するスーパーやショッピングモールなどでカードを作ることによって、優待割引サービスなど、様々な特典を受けることが可能です。

カード選びで大切なことのひとつに、還元率の高いカードであることが挙げられます。具体的には1%以上だと理想的です。カードの還元率は、実に会社によってかなりの開きがあります。どうせ支払うのでしたら、高い還元率のカードを選ぶことで、使用した金額に対してより多い還元を受けることが可能です。

クレジットカードは、買い物以外にも電話料金やプロバイダ、電気料の支払いなどに使用可能です。毎月引き落としにしている方は、クレジットカード払いにするだけで、毎月数百円分相当のポイント還元を受けることが可能です。又、定期の購入もクレジットカードが使えますので、1年であっという間に1万円分くらいのポイントは貯まる計算になります。それ以外にも、旅行やショッピングで使用すれば、更に還元を受けることが可能です。現金や引き落としで行っていた支払いを、クレジットカードにするだけで、支払金額から割引になるポイントが貯まるクレジットカードは、節約を心がけている方にこそおすすめです。

クレジットカードの有意義な使い方

私は、クレジットカード支払いのできるものに関してはすべてと言っていいほどクレジットカードで支払いすることをお勧めします。公共料金や携帯電話などの支払いを銀行引き落としではなくクレジット支払いにしているという方は多いかもしれませんが、私の場合は近くのスーパーやコンビニに至るまでどんなに少額であってもカードを使用しています。それはなぜか。やはり大きなメリットはポイントの還元でしょう。平均的なクレジットカードのポイント還元率は0.5~1%くらいだと思いますが、1%に満たない還元であってもバカにしてはいけません!塵も積もれば山となるという言葉があるように、生きていくうえで欠かすことのできない「消費」に対して還元があるというのは長い目で見ると大きな利益を生むのです。たとえば、2015年現在の消費税は8%ですが、クレジットカードによる還元が1%あるとしたら、実質消費税は7%だと考えることもできます。ポイント還元として浮いた1%は別の買い物の時に利用したり、素敵な商品と交換したりできると思います。

また、カードの利用金額や良く利用する場所(店・サービス)にもよりますが、独自の割引や大幅なポイント還元、キャンペーンや抽選などを行っている会社も多く、自分のライフスタイルに合わせたカード選びをすることによって、もともとの還元率よりも大きなメリットを得られる可能性が出てきます。クレジットカードの作成時だけでも条件によってはポイントをプレセントしてもらえることもあるので、併せて考えるとお得がいっぱいです。

今は銀行の預金に対する利子も本当に雀の涙ほどしかない時代。0.5~1%のポイント還元というのは実はとても大きな利益なのです。

ただ、目先の利益にとらわれて、自分で把握できないほどクレジットカードを所有してしまったり、使用するカードの種類が多すぎてなかなかポイントが貯まらなかったりすることもあるので、ある程度メインに使用するものは絞った方がいいと思います。そして、クレジットカードの特性として実際の預金額以上にお金を使えてしまうので、使用する際は現金と同じように自分のお財布と見比べたうえでの買い物は必須だと思います。

数パーセントのポイントでも、貯めて行けば大きな資産となります!ぜひ、クレジットカードの有意義な使い方をしていきましょう。

クレジットカードは、お財布に嬉しいメリットがたくさん

クレジットカードを数枚持ってる人は多いですが、でもまだなんとなくクレジットカードを
持つのは怖いから、持っていないという人もいると思います。

クレジットカードのメリットは、お財布に現金がないときでも、クレジットカードさえあればすぐにお買い物ができるというメリットがあります。

例えば、突然旅行へ行くことになったけれど、週末いつも利用する銀行が開いていなくて困ったり、突然、電化製品が壊れてしまい、すぐ新しい物を買いに行かなければならないのに、まずは、お金を用意するために銀行へいかなければならないといったときも、クレジットカードが一枚あれば、わざわざお金を用意しなければならないという心配をする必要がありません。

クレジットカードには、いろんな種類がありますが、無料で作ることができるクレジットカードもたくさんあります。
クレジットカードを作るのは無料だけど、年会費がかかるのではないかと心配する人もいると思いますが、年会費も永年無料のクレジットカードもたくさんあります。しかも、よく利用するホームセンターや、ショッピングセンターで作ることができるクレジットカードは、持っているだけでも永年無料のものもありますし、しかも、クレジットカードを利用すれば、現金でお買い物するより安く購入できるというものもあり、とてもお得です。

そして、嬉しいことに、クレジットカードでお買い物をすれば、ポイントが貯まり、そのポイントを好きな商品を交換したり、商品券と交換したりすることもできるクレジットカードもあります。

車を運転する人は、クレジットカードを作るとき一緒にETCカードを作っておけば、今は、ETC車載器を持っていないけれど、いつか購入するかもしれないといったときに便利です。

もちろん、ETCカードを一緒に作っても、無料というクレジットカードもたくさんあります。

さらに、電気代や、ガス代、電話代などの公共料金もクレジットカードで支払うことができポイントも貯まっていきます。

クレジットカードは、お財布に嬉しいメリットがたくさんあります。