クレジットカードの有意義な使い方

私は、クレジットカード支払いのできるものに関してはすべてと言っていいほどクレジットカードで支払いすることをお勧めします。公共料金や携帯電話などの支払いを銀行引き落としではなくクレジット支払いにしているという方は多いかもしれませんが、私の場合は近くのスーパーやコンビニに至るまでどんなに少額であってもカードを使用しています。それはなぜか。やはり大きなメリットはポイントの還元でしょう。平均的なクレジットカードのポイント還元率は0.5~1%くらいだと思いますが、1%に満たない還元であってもバカにしてはいけません!塵も積もれば山となるという言葉があるように、生きていくうえで欠かすことのできない「消費」に対して還元があるというのは長い目で見ると大きな利益を生むのです。たとえば、2015年現在の消費税は8%ですが、クレジットカードによる還元が1%あるとしたら、実質消費税は7%だと考えることもできます。ポイント還元として浮いた1%は別の買い物の時に利用したり、素敵な商品と交換したりできると思います。

また、カードの利用金額や良く利用する場所(店・サービス)にもよりますが、独自の割引や大幅なポイント還元、キャンペーンや抽選などを行っている会社も多く、自分のライフスタイルに合わせたカード選びをすることによって、もともとの還元率よりも大きなメリットを得られる可能性が出てきます。クレジットカードの作成時だけでも条件によってはポイントをプレセントしてもらえることもあるので、併せて考えるとお得がいっぱいです。

今は銀行の預金に対する利子も本当に雀の涙ほどしかない時代。0.5~1%のポイント還元というのは実はとても大きな利益なのです。

ただ、目先の利益にとらわれて、自分で把握できないほどクレジットカードを所有してしまったり、使用するカードの種類が多すぎてなかなかポイントが貯まらなかったりすることもあるので、ある程度メインに使用するものは絞った方がいいと思います。そして、クレジットカードの特性として実際の預金額以上にお金を使えてしまうので、使用する際は現金と同じように自分のお財布と見比べたうえでの買い物は必須だと思います。

数パーセントのポイントでも、貯めて行けば大きな資産となります!ぜひ、クレジットカードの有意義な使い方をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>