クレジットカードの審査。気をつけたい3つのこと。

現在では、多くの人が持っているクレジットカード。その種類も加入者の数もどんどん増え続けています。加入者が増えているということは、それだけ審査も通りやすくなっていると言えるのですが、その一方で審査に落ちる人もいます。では、どうして審査に落ちるのでしょうか?ここでは、その考えられる理由を3つ挙げていきましょう。
そのまえにクレジットカードに関してこちらのサイトなどで事前知識をつけておくとスムーズです。
https://credit-oh.net/

1つは収入が審査基準を満たしていないことが挙げられます。クレジットカードの審査で重要なのは年収で、安定性があり、高年収で勤続年数が長い職業ほど有利。ただ、クレジットカード会社にはそれぞれ審査基準となる年収の目安があります。例えば、全国で会員数3000万人と言われているイオンカード。このカードの審査基準となる年収の目安は200万円と言われています。だから、審査に通るためには、この年収の目安を超えてなければなりません。

2つ目は過去に審査に落ちた経歴があることが挙げられます。クレジットカード会社は、個人信用情報センターという機関によって、利用データや照会の経歴が共有されています。だから、1度審査に落ちて、次に他社に申込みを行っている経歴は、収入が安定していない感じを思わせるので、審査に落ちる可能性が高いようです。

また、短期間に複数のカードに申込みを行った場合も同じです。カード会社で共有されている情報は、他社で作ったカードや審査履歴も確認できるので、申込みが頻繁に行われている状態も良い印象は与えません。

3つ目は過去の滞納履歴が挙げられます。クレジットカードは3ヶ月滞納すると、その履歴が個人信用情報センターに保存されると言われています。その履歴もカード会社で共有されるので、これも審査が落ちる要因となってしまいます。ちなみに、この滞納情報。5年間は保存されると言われているので、滞納には充分に気をつけましょう。

また、他社から借入れがある場合も審査が通らない可能性が高いです。審査に影響する指標は年収の50%が返済限度額と言われているので、これも目安として覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>